クラウドマネージドサービス

iRes

Inflastructure Reliability Engineering Service

iRESとは、最新技術を取り入れた「ITインフラ運用の総合エンジニアリングサービス」です。
多様化しつづける課題を解決し、お客様ビジネスの価値向上に貢献していきます。

昨今のIT運用における課題

ビジネスのスピード化に伴い、小規模でスタートでき低コストで導入が容易なクラウドサービスの活用が企業に普及し、企業での利用も進んでいます。その結果、既存のオンプレミスからクラウドまで企業システムに様々なインフラ環境が乱立し、
その運用の煩雑化が課題となっています。

こんなことは、ありませんか?
ケース1
IT基盤はクラウド構築やオンプレ維持など複雑化。インフラ毎に管理がサイロ化して対応しきれない。
ケース2
ITサービスの障害がビジネスに影響する中、安定運用を前提とされ、IT部門へのプレッシャーは増すばかり。
ケース3
IT部門人材が慢性的に不足している。運用業務にリソースが割かれ、企画業務や新規開発業務へ手がまわらない。

サービス提供の全体像

これまで企業のIT部門が個別で運用していた、オンプレミス、クラウド等、
多様かつマルチベンダーのITインフラ環境をNTTデータが一元的に運用します。

特徴1

デジタル技術による
予⾒的かつ迅速な運⽤を実現

特徴2

実績豊富なインフラディレクターと
オペレーターが対応

特徴3

UX向上を追求した
コミュニケーションを実現

サービス提供の全体像

iRES導入前と導入後の
運用イメージ

iRES導入前と導入後の運用イメージ

サービスメニュー

サービスメニュー
運用監視
サービス
セキュリティ
監査サービス
脆弱性管理
サービス
情報可視化
サービス
運用監視サービス
運用監視サービスはシステム監視および障害対応を行い、システム監視では当社運用拠点にて
24時間/365日のシステム運用監視を行います。障害発生時にはオペレーターおよび当社SEに通知されます。
障害対応ではシステム監視にて検知した監視アラートに対し、障害復旧作業を行います。
運用監視サービス
セキュリティ監査サービス
当社規定の標準ポリシー又はお客様環境に合わせたカスタムポリシーをお客様環境に設定し、定期的なチェックを実行します。
違反を検知した場合、当社SEが内容を確認し、お客様に是正依頼メールを通知いたします。
セキュリティ監査サービス
脆弱性管理サービス
プラットフォームに対する脆弱性診断・管理を実施いたします。
これによりセキュリティリスクを軽減し、お客様のサービス継続性向上に寄与します。
脆弱性管理サービス
情報可視化サービス
CMP(Cloud Management Platform)にてクラウドサービス情報を可視化する機能を提供します。
これにより複数サイトに跨る障害情報を集約することが可能になります。
情報可視化サービス
左矢印
左矢印
右矢印
右矢印