導入企業株式会社NTTデータSMS様 コーポレートサイト

案件概要

株式会社NTTデータSMSは数多くの大規模システムや重要なインフラシステムの運用を担っています。
今回、株式会社NTTデータSMSのコーポレートサイトが更改時期を迎え、アマゾンウェブサービス(以下AWS)を活用し、更改しました。

検討のきっかけは?

(1) ホスティングサービスの終了

今まで利用していたサービスが、サービス終了することから、新たな環境への移行が必要となった。

(2) クラウド環境での構築・運用ノウハウの習得

コーポレートサイトをクラウド環境に移行し、そこでサービスを提供することにより、クラウド環境での構築・運用のノウハウを習得し、当社事業の展開への寄与も目的とした。

導入後の効果

(1) ランニグコストの削減

コーポレートサイトを、AWSに移行したことにより、 利用料などのランニグコストが、半額以下に削減できた。

(2) トラブル発生時の迅速な対応

AWSのアカウントを提供する「パートナークラウドサービス」を利用することにより、技術サポートなどの問合せが容易になり、また迅速な解決策が提示され、トラブルを早期に解決することができた。

今後の業務改善予定

(1) 運用環境の構築

運用サーバを追加し、次の監視・運用項目を強化する。

  • リソースやサービスの監視
  • データバックアップなどのジョブスケジューリング
  • アラートの検知とメール送信

AWS構成図、採用コンポーネント

参考URL: 
http://www.nttdata-sms.co.jp/ 「株式会社NTTデータSMS様」 コーポレートサイト
※アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWSは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。